おはよう・・・(2055)おはよう・・・(2057)

2012年09月20日

おはよう・・・(2056)

Img_1546
先日、来ていた母が 履いてきたスラックスが長いと言う
「 買った時は 丁度の長さだったのに
いつの間にか背が縮んだのやね



裾上げするから 針に糸を通してくれる? 」
私がした方が早いのだが  自分で出来ることは
なるべく自分でした方がいいだろう と 糸を通した針を渡す
出来上がったのを見れば 裾がひきつっている
あんまりだったので ほどいて 私がやり直した
黒い布に黒い糸だから 見えんかった と言う母
段々 出来る事が出来なくなっている
年を重ねるのも 個人差が大きいね
80、90代でも 細かい作業をこなしている人もいれば
70代で 自分の事が出来なくなる人もいる

お嬢は 少しずつ出来る事が増えていくのだが
母は 出来ない事が増えていく

この所 お嬢と母を見ていると いろんな思いが交差する



ako_hitotoki at 07:00│Comments(2)日記・その他 

この記事へのコメント

1. Posted by たんぽぽ   2012年09月20日 12:33
akoちゃん
おはよう~~
親はだんだん 子供に返っていくのですね
そして ベビーはだんだん 子供~大人へ・・・
誰かの歌にありましたね
母の老いていく姿を唄った詩・・・
つかまりだちするようになったり お風呂も一人では入られなくなったり ご飯もこぼしたり・・・
今度は手をかしてくださいと・・・
親の老いていく姿にはココロが切なくなります
そして 子供が成長する姿には感動して・・・
なんだか 切なくなってしまいました。 ゴメン
2. Posted by ako.   2012年09月21日 00:15
★ たんぽぽさんへ
そうですか、そんな歌があるのですね
母の老い 急速に感じます
まだまだ 元気な方もいらっしゃるのに
いろいろですね
老いていく親を見るのは 辛いですね
いつかは 私も老いに向き合わなければ
ならないんだろうなぁ 
娘が 今の私のように思うんだろうかと
ちょっと切なくなります

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
おはよう・・・(2055)おはよう・・・(2057)