806img007私が 昨日のように 病気の事を書くと 

落ち込んでるんじゃないか とか 気に病んでいるのではないかと 

心配させてしまうようです  ごめんなさい m(__)m

時々 ブログに病気の話 登場するけれど

私にとって、日常の会話の一つで

今日 転んでなケガしてん  や 

風邪引いててな なかなか 治らんねん と同じ感覚です

この年になると みんな一つや二つ悪いとこ 持っていたりするでしょ

私は子どもの頃から 両親がよく入院していたので

病気は持っていて当たり前の感覚があるんでしょうね

病気は治すじゃなく、共存する、という考えが出来ていると思う

両親が 入院していても それも特別な事だという思いも無かった

だから 自分がSLEと 診断されても 驚きも落胆もしなかった 

糖尿病や 心筋梗塞や という言葉は知っていても

なかなか 中身は知らなかったりする

こうして話題にすることで いろんな病気があるように 

こんな病気もあるんやと知っていただければ ・・

なんて軽い気持で書いてるだけなんです

まだ 膠原病と言っても 高山病 ?(高原病)と 間違われる方もいるからね

私 登山せんし・・・ 高い山 登らんし・・ 

なんて言わなければいかんことになるもんで (≧∇≦)ブァッハハ!