おはよう・・・(385)サガン

2006年08月27日

谷内六郎幻想記

Werlv88u  この方の絵を 見ると 
 子どもの頃
 日曜日の夜 テレビに
 週間新潮(表紙を書かれていましたよね)
 は 明日、発売されます
 赤とんぼの唄 ( やったかいなぁ )と
 共に流れて
 ものすごく哀しくなった想いがある
 きっと
 日曜日の終わりを告げる切なさを
 子ども心に 感じたのだろうね

 この本は
 友人から プレゼントされたもの
 後ろに 手紙がはさんだままだった

 『 Dear ako

 おばさん 25歳になってもたな
 2人の付き合いも かれこれ10年ちゃうか?
 くされ縁ちゅうヤツかいナ
 外見は おばはんになってもいいけど 心の中は
 清く正しく美しく・・
 子どもの心を 持ち続けようぜ

 年を取るのは 素敵なことです そうじゃないですか
 忘れっぽいのは 素敵なことです そうじゃないですか
                中島みゆき 「 傾斜 」   』

 と私の 好きな中島みゆきの唄が 添えられていた

 この下に 鉛筆書きの 線だらけの絵?らしき物がある
 当時 2歳になる彼女の娘が ako姉ちゃんおめでとう と 
 描いてくれた私の顔らしい

 本の整理をしていて
 また 懐かしく思い出してしまった
 
 でも この頃は25歳で おばさんになった と 
 思っていたんだなぁ〜
 
 



ako_hitotoki at 05:56│Comments(14) 

この記事へのコメント

1. Posted by きよんち   2006年08月27日 16:28
祖父が週刊新潮の愛読者で、毎週買いに行きました。谷内六郎さんの味のある絵、覚えてますよ〜母がね〜中島みゆきの大ファンで(「夜会」にも行ってた)、もちろん彼女の歌はほとんど知っていますよ!歳をとるのは素敵、と初めて思ったのは茶道をやってた頃。若い頃にはまったく気付かなかった自然の移ろいに、気付くようになって、カメラを始めてますますその思いに拍車がかかりました。今自分の写真をまとめて印刷しているのだけど、HDDをひっくり返して昔撮った写真を見ると、ああもうこのときから○年経ったなぁ・・・と愕然とする。歳をとるのは構わないけれど、流されないようにせねば。「研鑽を積むものにとって月日は流れない、積み重なるのだ」すきな台詞です。
2. Posted by ばーばん   2006年08月27日 18:13
「おばさんになったなぁ」って思ったときがおばさん年齢かな?「まだまだ、おばさんと違うでー」って思ったらおばさん年齢かな?年をとるのは、素敵な事…50歳すぎたら、そう思えるようになりました。忘れっぽいのは、素敵な事…嫌な事も忘れられていいわ。
3. Posted by エルモ   2006年08月27日 20:49
「は ただいま発売中です」「週刊新潮は 明日 発売です」と 二つのパターンのコマーシャルがありましたよね〜[E:tv]今 週刊誌のCMってないもんね〜[E:sign01]歳のとる速度って 人によって随分違うんじゃないかな〜1年で1歳年取るってのは たまたま暦や制度のうえでの利便性を考えただけでほんとは 一年で3つ年取ってる人もいれば一年で 0.5しかとってない人もいるんだよね〜この差は やっぱり[E:heart]の持ちようかな[E:smile]私は生涯20歳を目指しますって 気持ち悪いか〜[E:wink]
4. Posted by あここ   2006年08月27日 22:32
懐かしい絵です[E:smile]今、正真正銘のおばさんですがこれから20年とか経つと、今の自分を若かったと思い出すのでしょう多分、今自分が思うより今の自分が出来る事いっぱい有るんですよね
5. Posted by ひらりん   2006年08月28日 08:47
こういうとき、同世代だなって強く同志愛を感じまする。きっと、だれもこんなこと覚えてないやろっていつも思ってた。この週間新潮のは、私の子どもの頃のいちばんのCMかもしれん。これって、日曜日の7時半からのポパイの漫画が終わったあとで始まるのよ。だから、よけい、1週間のお楽しみも済んで、明日からまた月曜日かぁ…という花火のあとのような虚無感が赤とんぼのメロディとともに子ども心にしみこんでくるのだった。で、このあと、「♪・・・・からふとーまーき!」っていう明るい歌声の昆布巻きのCMがあって、なんかちょっぴり気を持ち直して、日曜日の夜が終わるのだった。じゃなかったっけな?
6. Posted by たくのり   2006年08月28日 20:00
谷内六郎の絵は、なんともいえないやさしさ、郷愁をそそりますね。大好きです。
7. Posted by bluerosegarden   2006年08月28日 20:18
私は「週刊新潮は ただいま発売中です」の方を、よく覚えています!私は自分で、おばさんと思わないように頑張っている最中です[E:smile]友達も気を遣って、子供に私のこと名前で呼ばせてくれてます[E:shock]ある友達は自分自身もおばさんとは呼ばれたがらず息子に「お母さんの友達におばさんは一人もいないのよ!」と、刷り込んでいました〜[E:sweat01]
8. Posted by ako.   2006年08月29日 07:26
谷内六郎さんの絵は やはり 皆どこかに記憶ありますねお母さま 中島みゆき 好きだったのですか気があいそうですねでも お母さまのような 行動力は 私にはありませんけれど・・[E:sad]年を重ねる事に 私もあまり抵抗はありませんよく 書いてるけれどねでも その年齢なりに 面白いことあるものね[E:smile]流されないように・・が 私は 流れのままに のような気がします[E:coldsweats02]
9. Posted by ako.   2006年08月29日 07:29
ホントホント自分が どう感じるかです自分が 本当に誰から見ても立派なオバサンに なった今オバサンも 棄てたもんじゃない って思えますもん[E:smile]忘れっぽいのも 一つの 処理能力かもしれません[E:wink]
10. Posted by ako.   2006年08月29日 07:34
やっぱり ふたつあったの?「週刊新潮は ただいま発売中です」 「週刊新潮は 明日 発売です」どっちだったかなぁって 迷って書いたのですそうですね気持ちの持ちようで ドンドン老化も進んでゆくような・・経験や知識は 年齢と共に増えでも 行動力や気力は 若々しく と ありたいですね生涯 青春? それも いいじゃないですか[E:smile]
11. Posted by ako.   2006年08月29日 07:37
20年後の私 ・・わぁ いくつ?そうだね 多分 あの頃は もっと若くてもっと いろんな事できたのにって 思っているかもね今 できる事 少しずつでも やっていこうっと・・20年後の 自分が後悔せんように・・[E:smile]
12. Posted by ako.   2006年08月29日 07:42
何か この日曜の週刊新潮の CMはドヨォ〜ンと 気分を暗くさせるものが ありましたねもう この世の終りのような切ない気分にいつもなっていたひらりんさんも 感じていたんですね[E:smile]漫画 ポパイやった?おそ松くん とか の 漫画やったような・・ (*ーー*)うーんでも からふとまきは 全然、記憶にないなぁ〜やっぱ ちよっとだけ 私の方が小さかった?[E:wink]
13. Posted by ako.   2006年08月29日 07:44
谷内六郎さんの絵 優しい絵ですよね懐かしさと 暖かさを 感じさせてくれます[E:smile]
14. Posted by ako.   2006年08月29日 07:51
このCM ふたつあったのね明日発売と ただいま 発売と・・両方 頭に出てきて どっちだったろう?と考えてたどっちも 間違っていなかったんだ[E:smile]私も 甥っ子達は 名前で私のこと 呼びます20歳前後の彼らに ちゃんづけで呼ばれていますが小さい頃からなので お互い抵抗ないです (⌒▽⌒)アハハ!刷り込みも必要かも・・私も 自分自身に 刷り込もうかしら[E:wink]

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
おはよう・・・(385)サガン