Photo_34

 






 あなたがいる

 そこに
 あなたが必要だから・・
 

 いつか

 それに
  
 気付いてくれるかな