小さい頃の私は 人の後ろに隠れる子だった
恥ずかしがり屋で
無口な女の子だった
しっかりものの姉がおり
その後ろにくっついておけばよかったのだ

Photo_11

遊びに行くのにも姉の後ばかり
ついて回っていた気がする

私にとって
姉は実に偉大な人なのだ
私が小学校3,4年の頃から 父が入院し始め
中学、高校は 父と母が交代で入院していた
だから家事は 
姉と二人でこなすことが多くあった
厳しい姉で 小学生の頃
土曜日、学校から帰ると
お腹ぺこぺこなのに「 掃除機を先にかけて
その間に ご飯の用意しておくから」 と・・
主婦顔負けの小学生だった
私と二つしか変わらないのにね・・

母の一番長い入院は
私が高校生の時に7ヶ月間一度も帰ってこなかった
というのがある
お正月のお節を姉と二人で作ったよなぁ
振り返ると けなげな子供であった
授業の終る頃には
今日の晩御飯、何しようかなぁと考え始め
学校の帰りに デパートやスーパーにより
食料を買って帰ったりしていた
掃除だって 洗濯だって
毎朝のお弁当作りだって 何でも出来る中・高校生だった
それもこれも姉のお陰で・・

でも 今はもっと手抜きに生きているような・・
(〃⌒∇⌒)ゞヘヘッ