出会い花言葉

2005年04月29日

北の零年

Yt2foxp7 少し古くなりますが
今年2月に見た映画

豊川悦司がとても素適だった・・
目で物語っているというのはいいなぁ
吉永小百合さんは 相変わらずお綺麗で
失礼だが 
あの年齢であの美貌を保てるというのは 
すごいなぁとアップシーンの多さで
思った次第
物語の時代背景が間違っているとか 

 セットがお粗末だとか 何処かの評で読んだけれど
 人の見方は 色々で
 そんなことより人間の生き方の 
 強さ弱さ というものを
 考えながら見た映画だった
  



日本武士で志の高かった渡辺謙が 
 妻子を裏切り仲間を裏切り
 楽な生活に逃げ込んでしまう弱さ
 武士の妻で可愛いかった 石田ゆり子が 子を守るために
 自分を売ってでも 育てていこうという母の強さ
 妻子を殺され自分も死にたいと思いながら
 アイヌの人となって生きる豊川悦司の秘めた思い 人間の優しさ
 帰らぬ夫を信じ ひたすら妻として待ち続け
 健気に頑張る吉永小百合のいじらしさ
 どんな人も 持っている強さ・弱さ・優しさ・狡さ・・ 
 その時 出会った出来事で 人は人生を 大きく左右される
 あの時 行かなければ あの時 出会わなければ
 あの時こうしなければ・・
 でも そのあの時、あの時があるから 明日がある
 そんなことを 色々感じながら 見た映画でした
 確かに 
 熊に襲われそうになったり 男の人に襲われそうになったりするたびに
 助けに登場する豊川悦司も出来すぎなのだが
 でも そこは映画 ここで助けが来なければで・・
 いろんな人生を背負って ここまで来たんだろうなぁ
 という役の豊川悦司に 見入ってしまった



ako_hitotoki at 21:07│Comments(2)映画 

この記事へのコメント

1. Posted by akibon   2005年04月30日 10:48
先日、あここさん経由で遊びにきていただいて、コメントまでいただいたakibonです早速遊びに来させていただきましたあここさんもそうですが、ako.さんもたくさんの綺麗な写真を撮られてるのですね綺麗な写真を見ているだけで、心が落ち着いたり、癒されたり…ところでこの映画、私も観ました私はどちらかというと、邦画はあまり観ない方なのですが…結構感動しました(思わず私もblogに載せました)吉永小百合さん、ホントお綺麗ですよねこれからも遊びに来させていただきます!![E:smile]
2. Posted by ako.   2005年05月01日 00:40
私もほとんど見るのは洋画なんですが時々、招待券をいただいて邦画を見ることがあります(なかなかお金を払ってまで見たいという邦画がなくて)でも、こうして見に行ったら あれ、結構良かったやんってことになったりするのですが・・ただ、この映画 見に行った時 周りをみると年齢層が随分高かったです。私達はその中で若者?でした

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
出会い花言葉