2006年08月

マイ・フェア・レディ

Pcdwnnnj 父の生前、映画の好きな父に
誕生日、父の日、クリスマスと
何かある度に
私たち姉妹は父の好きそうな
ビデオをプレゼントをした その中の1本です


■ 公開:  1964年
■ 監督:  ジョージ・キューカー
■ 出演:  オードリー・ヘプバーン
        レックス・ハリスン
        スタンリー・ハロウェイ


 方言を研究する音声学の 教授ヒギンズは、
 下町訛りの強い貧しい花売りの娘
 イライザと知り合い、
 彼は音声学の素材としてイライザを教育して
 社交界のレディーに成長させようとする。
 猛特訓のすえ 上流階級の喋り方やマナーを習得し
 イライザは、下町娘から一転して立派なレディに
 生まれ変わってゆく。
 ブロードウェイとロンドンでの
 大ヒットしたミュージカルを映画化したものです
 
 私のお気に入りの1本でもあります

 

おはよう・・(388)

Photo_10
 どうする?この髪・・

 多少 人間みな 髪の毛に癖はあると思う
 私は見た目は真っ直ぐなストレートの髪のはずやった

続きを読む

プラド美術館展 ( 大阪市立美術館 )

Mqgnd7cp
今日 観てきました

ースペインの誇り 巨匠たちの殿堂ー

ティツィアーノ、エル・グレコ、ルーベンス、
ベラスケス、ムリーリョ、ゴヤ、メレンデス
スルバラン、リベーラ、アレリャーノ、

あぁ 舌 噛みそうな 名前がいっぱい・・
宗教画と肖像画 が多かったような・・
 
 後 ボデゴン(ボディコンとちゃうよ)とか・・
 「 静物画 」の事を 
 スペインでは そう呼ぶらしい
 これは本来は「 厨房画 」という意味で、
 キッチンで人々が料理したりしている
 情景を表した作品のジャンルを指すみたいです

 例によって 
 これ 誰々さんに似てるなぁ〜  (*⌒m⌒)ぷっ
 なんで こんなに 立体的に描けるん
 ワァ、写真みたい、リアルやなぁ
 これ いいなぁ
 天使 可愛い・・
 ノアの箱舟 どんだけ乗るねん!
 と その程度しか分からん奴でした・・
  (〃⌒∇⌒)ゞヘヘッ
 でも 楽しく観てきましたよ
 

佐藤愛子

Wgl0ssro
本棚の本の整理をしています
ぼた餅のあと / 一番淋しい空 / 鎮魂歌

おはよう・・・(387)

Photo_11
 カルピス
 白い紙に 水玉模様
 そっと 包みを開けると
 茶色の光る瓶

 グラスに氷を入れて
 トロリとした液体を流す
 そうしてお水をいれ
 カランコロン・・

 とっても 
 贅沢な気分になれた
 気がする
 子どもの頃・・

 寒い冬に 
 部屋を暖かくして
 飲むカルピスも 
 好きだった

続きを読む

小豆島 夕食

Photo_17 
 食前酒 モモ酒 / 枝豆豆腐割り醤油掛け / 旬鮮魚の造り盛り合わせPhoto_18
 湯葉信田旨煮 冬瓜含め煮 / 和牛すきなべ仕立て / 小豆島Photo_19
  舌平目の磯辺揚げ / たいらぎ貝の炙り
Photo_20
鯛の炊き込み / 赤味噌仕立て/ 小豆島の佃煮 /水羊羹 季節に熟すもの

 小豆島での 夕食
 久しぶりに ビールを コップ1杯
 美味しゅうございました

おはよう・・(386)

Photo_12
 日曜日から 1泊2日で
 小豆島へ 行ってきました
 母と 姉夫婦と 4人で・・
続きを読む

サガン

本棚の本の整理をしています
Qwi8phci
悲しみよこんにちは / すばらしい雲 / 一年ののち / 優しい関係  
時おりヴァイオリンが・・

Ek1xyqiy
心の青あざ / 失われた横顔 / 幸福を奇数に賭けて / 草の中のピアノ 乱れたベッドAwliylaa
たい水の中の小さな太陽 / 絹の瞳 / 愛と同じくらい孤独

谷内六郎幻想記

Werlv88u  この方の絵を 見ると 
 子どもの頃
 日曜日の夜 テレビに
 週間新潮(表紙を書かれていましたよね)
 は 明日、発売されます
 赤とんぼの唄 ( やったかいなぁ )と
 共に流れて
 ものすごく哀しくなった想いがある
 きっと
 日曜日の終わりを告げる切なさを
 子ども心に 感じたのだろうね

 この本は
 友人から プレゼントされたもの
 後ろに 手紙がはさんだままだった

 『 Dear ako

 おばさん 25歳になってもたな
 2人の付き合いも かれこれ10年ちゃうか?
 くされ縁ちゅうヤツかいナ
 外見は おばはんになってもいいけど 心の中は
 清く正しく美しく・・
 子どもの心を 持ち続けようぜ

 年を取るのは 素敵なことです そうじゃないですか
 忘れっぽいのは 素敵なことです そうじゃないですか
                中島みゆき 「 傾斜 」   』

 と私の 好きな中島みゆきの唄が 添えられていた

 この下に 鉛筆書きの 線だらけの絵?らしき物がある
 当時 2歳になる彼女の娘が ako姉ちゃんおめでとう と 
 描いてくれた私の顔らしい

 本の整理をしていて
 また 懐かしく思い出してしまった
 
 でも この頃は25歳で おばさんになった と 
 思っていたんだなぁ〜
 
 

おはよう・・・(385)

Photo_14
 
 ノートパソコンが 無事 戻ってきました
 欠けていたキーボード 元どおり
 『 T 』 も ちゃんと 打てています
続きを読む

ギャラリー
  • おはよう・・・(2887)
  • おはよう・・・(2886)
  • おはよう・・・(2885)
  • おはよう・・・(2884)
  • おはよう・・・(2883)
  • おはよう・・・(2882)
  • おはよう・・・(2881)
  • おはよう・・・(2880)
  • おはよう・・・(2879)
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ